ふくらはぎ 足首

MENU

ふくらはぎと足首が太くて嫌!【正しい痩せ方は?】

ふくらはぎ足首

ふくらはぎの痩せ方については、色々な痩せ方がありますが、その中でもふくらはぎと足首についてはなかなか痩せないことでも知られています。でも、ふくらはぎや足首がキュッと引き締まっているととても足が魅力的になりますよね!では、どうしたらふくらはぎや足首を痩せることが出来るのでしょうか?

 

ここでは、ふくらはぎと足首の痩せ方についてしっかりと見ていきたいと思います。もう夏本番までカウントダウンが始まりました!しっかりと痩せ方をマスターして水着やスカートの似合う足になりましょう!

 

ふくらはぎや足首が太い原因

まずは、ふくらはぎや足首が太くなってしまう原因についてご紹介いたします。一体どんなことが原因でふくらはぎや足首は太くなってしまうのでしょうか?

 

運動量が足りない

ふと気づけば、階段を使わずにエスカレーターやエレベーターなどを使っている人はいませんか?このように歩く量を減らしているとふくらはぎや足首に脂肪がつきやすくなってしまいます。

 

冷え

血流が悪いことによって冷えが起こります。足が冷え性になると、ふくらはぎや足首以外にも脂肪燃焼がしにくくなって結果として足が太くなってしまいます。

 

塩分の取り過ぎ

塩分を取り過ぎると、足は浮腫んでしまいがちです。ふくらはぎと足首についてはそのむくみが顕著に表れやすい所としても知られています。

 

ふくらはぎを足首の痩せ方

では次に、ふくらはぎと足首の痩せ方についてご紹介いたします。どんな痩せ方があるのでしょうか?

 

着圧ストッキングを使う

血流をよくするためにも着圧ストッキングを常に履きながら足に適度に刺激を与えてあげることは痩せ方としては大切です。

 

マッサージ

ふくらはぎや足首の血流を良くするためには、お風呂に入っている時は寝る前などにマッサージを行うことも有効とされています。また、マッサージを行うのと一緒に足つぼを押しても効果が高まります。

 

また、マッサージを行う時には上記で挙げた着圧ストッキングを履きながらマッサージを行うと、より効果があります。お風呂で着圧ストッキングを履くことは抵抗があるという人もいるかもしれませんが、かなり効果が高いので、一度試してみてくださいね。

 

かかと上げ運動

かかと上げ運動とは、両足を揃えて達、つま先はついたままの状態からかかとを上げたり下げたりするという方法です。とても簡単ですし、いつでも行うことができます。こちらは血行をよくする効果だけではなくてむくみ改善効果も期待することが出来ます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?ふくらはぎと足首の痩せ方については、どれも簡単に行うことが出来るので是非試してみてくださいね。

 

ふくらはぎや足首の痩せ方は、即効性があまりないものが多いです。しかし、継続して痩せ方をマスターすることによって、ふくらはぎや足首の形を綺麗な状態にして崩れにくくすることが出来ますので、気長に行ってみるようにしましょう。