ふくらはぎ 太い

MENU

ふくらはぎが太いのなんとかしたい!【痩せ方を紹介します】

ふくらはぎ太い

ふくらはぎが太い原因については、色々な原因があります。ふくらはぎの太い人は、その太い原因をまずしっかりと把握しないと痩せ方が分かりません。自分に合わないふくらはぎの痩せ方をしていても効果はないので、やみくもに行わないのが大切なのです。

 

でも、ふくらはぎの太い人の痩せ方とは、一体どんな痩せ方があるのでしょうか?まずはちゃんと痩せ方をしっておかないと何ともなりませんよね。ということで、ここではふくらはぎの痩せ方について、ふくらはぎが太い人の痩せ方についてタイプ別にご紹介いたします。

 

タイプ別に見るふくらはぎが太い人の痩せ方

 

筋肉が不足している

下半身太りが気になる人によくあるのが、ふくらはぎの筋肉が不足している為にふくらはぎの太くなってしまっているタイプです。このようなタイプの痩せ方はどのような痩せ方がいいのかといいますと、出来るだけ大股で歩いて早足で歩くようにしてみましょう。

 

ふくらはぎの筋肉が不足している人は、基本的に歩くのが遅い傾向にあります。そのため、下半身が筋肉不足になっている為、早足で出来るだけ筋肉をつけるようにしてみましょう。

 

脂肪がついている

脂肪がついていることでふくらはぎが太い場合も筋肉が不足している場合があります。しかし、脂肪が原因でふくらはぎが太くなっている場合には、早足で歩くだけではなかなか効果が出ない場合が多いです。脂肪が原因の痩せ方には、運動をすることと食事改善をすることが大切です。

 

食事改善は、出来るだけ和食を食べるように心がけましょう。そのほかには、お肉や脂っぽい食事を避け、味付けが濃い目の食べ物も控えることが大切です。

 

むくみが原因

ふくらはぎが太いのはむくみが原因の場合があります。むくみの原因としては、足の血行不良から来る冷え性や立ちっぱなしの仕事、アルコールの過剰摂取などと色々なことが考えられます。

 

そんな時には、リンパマッサージをして出来るだけ血液の流れをよくしてあげることが正しい痩せ方です。また、マッサージだけではなくて足つぼを押してみるのも良い方法です。カリウムはむくみ予防にもよいので積極的に摂取したいですね。

 

筋肉太り

筋肉と筋肉の間に脂肪がついてしまうと筋肉太りになります。ふくらはぎが太い人には筋肉太りもよくあるパターンです。筋肉太りが原因の痩せ方としては、正しい歩き方をすることが筋肉太りを解消する良い方法です。

 

正しい歩き方とは、歩き出す時には足指を蹴るようにして進み、着地する時にはかかと→親指→小指の順番に着地できるようにすることが大切です。正しい歩き方が出来ていないと変な所に筋肉が偏ってついてしまう場合がよくありますので気をつけましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?ふくらはぎが太い人の痩せ方については、原因を特定してから痩せることが大切だということが分かりました。それぞれ自分のふくらはぎの太い原因が何なのか調べてから痩せ方をしっかりとマスターしていきましょう。