ふくらはぎ カブ型

MENU

ふくらはぎのカブ型について【特徴と痩せ方を解説!】

ふくらはぎカブ型

ふくらはぎには、色々な形があることをご存じでしょうか?ふくらはぎには、色々なタイプの形が実はあるのです。カブ型とはその中の1つであるのですが、このふくらはぎのカブ型足を治す痩せ方にはどんな痩せ方があるのでしょうか?ここでは、ふくらはぎのカブ型の特徴や痩せ方についてご紹介いたします。

 

ふくらはぎのカブ型の特徴

ふくらはぎの痩せ方については、カブ型という形があります。これはどんな形なのかと言いますと、ふくらはぎ全体は太いのに、なぜか足首だけが細いという足の形を言います。このカブ型は血液循環が悪いことによって起こるもので、貧血や冷え性などの人によく見られるタイプです。また、ふくらはぎの内側をマッサージすると、激痛が走るのも特徴として挙げられます。

 

ふくらはぎのカブ型の痩せ方は?

では次に、ふくらはぎのカブ型の人の痩せ方にはどんな方法があるのかということを見ていきたいと思います。

 

タオルでマッサージ

タオル結んでコブをつくりましょう。そのタオルを太ももからふくらはぎへと少しずつずらして行くという作業を2分ずつ行います。

 

ふくらはぎを柔らかくする方法

足首の後ろのつまめる所をつまんで一気に話します。次に、手でふくらはぎを押すイメージでギュッギュッと上から下へとマッサージを行います。足首を回しながら膝の裏を親指で押します。強めに足首から膝裏までをマッサージして完了です。このマッサージ方法を左右同じだけ行いましょう。

 

着圧ストッキング

着圧ストッキングを使うことで、ふくらはぎの血流や冷え性を改善する効果があります。吐いている間中、ずっと足に適度な着圧をしてくれますので、履いているだけで効果が出てくることでもおすすめです。

 

足以外にも影響があるカブ型

足がカブ型の体型になってしまうと、足のバランスが悪いだけではなく、疲れが取れにくいということもあります。また、肌荒れをしやすいという傾向もあるので、カブ型の人はきちんと痩せ方をマスターして行う必要があると言えるのです。

 

また、ふくらはぎがカブ型の人には、高血圧の人が多いとも言われています。高血圧は様々な病気の合併症を引き起こす危険性がありますので、しっかりと直す必要があります。

 

まとめ

カブ型とは、ふくらはぎ全体が太くなっているのにも関わらず、足首だけがほっそりとしている足のことをカブ型と呼ぶということが分かりました。

 

また、ふくらはぎのカブ型の痩せ方については、タオルマッサージや、手でふくらはぎを柔らかくする痩せ方、着圧ストッキングの使用などがあるということが分かりました。どれも手軽い始めることが出来る方法ばかりですので、しっかりと痩せ方をマスターしたいですね。

 

カブ型の人は、放置しておくと冷え性がひどくなってしまったり、高血圧の人に多いとされています。また、便秘もひどくなると言われているので、しっかりと痩せ方をマスターして足を綺麗に見せるようにしたいですね。