ふくらはぎ 外側

MENU

ふくらはぎの外側の正しい痩せ方について!

ふくらはぎ外側

ふくらはぎの痩せ方については、マッサージや運動など色々な方法がありますが、ふくらはぎの外側の部分が異様に太っている時には何が原因でどんな痩せ方をすればよいのでしょうか?

 

ふくらはぎの外側が太っていると、足のバランスが悪く見た目もあまり良くありませんよね。ましてやその太っている部分が顕著に表れてしまうと、自分の好きなスカートがはけないということもあります。

 

ここでは、ふくらはぎの外側の痩せ方についてご紹介していきたいと思います。どんな痩せ方がふくらはぎの外側には効果があるのでしょうか?早速見ていきましょう。

 

ふくらはぎの外側が太いのは姿勢と歩き方に原因がある

ふくらはぎの外側が異様に発達している人の原因は、正しくない姿勢と歩き方に原因があります。姿勢については、まっすぐに立った時に体が前のめりになったり、しっかりと重心で支えることが出来ずにフラフラしていませんか?もしもこのようなことが起こる場合には姿勢が正しくないということが言えます。

 

正しい姿勢は、膝立ちをした時にまっすぐ腰が自然に伸びている状態が正しい姿勢です。もしも自分の姿勢が正しいか分からない時には、膝立ちをしてそのまままっすぐ立ってみましょう。

 

また、歩き方についても猫背になりながら歩いていたり背中を反らして歩いていたりしませんか?そのような歩き方をしているとふくらはぎの外側だけに異様に筋肉がついてしまうことが多くあります。

 

正しい歩き方

ふくらはぎの外側の痩せ方をマスターするには、正しい歩き方をマスターすることが肝心です。では、早速どんな痩せ方がふくらはぎの外側には効果があるのか見ていきましょう。

 

ふくらはぎの外側が太い人の歩き方は、足が着地をする時に小指から着地をしている人がほとんどです。小指から着地をすると、どうしても重心が外側に向いて歩いてしまいますので、そうするとふくらはぎも外側に筋肉が異様についてしまうのです。

 

正しい歩き方は、着地をする時にはかかとかた落として次ぎに親指、そして最後に小指が着地するように歩くのが正しい歩き方です。つまり、初めに重心が内側に来ていなければいけないということですね。もしも、自分のふくらはぎの外側が異様に太いと感じている時には、歩き方をゆっくりと確認してみるとよく分かります。

 

歩き方は、日々の積み重ねなのでクセがついている場合がほとんどですので、歩く時には出来るだけ意識しながら歩くようにしましょう。

 

まとめ

ふくらはぎの外側の痩せ方は、姿勢を正すことと、正しく歩くことで解消されることが分かりました。姿勢についても歩き方についても、普段のクセがすぐに出てしまうので気をつけ亜ながら生活をすることで少しずつふくらはぎの外側の悩みは解消されるはずです。

 

一見この痩せ方はとても簡単そうに見えますが、自分の意識がしっかりしていないと途中で脱落してしまう危険性が高いです。そのため、いつも心の中で姿勢と歩き方は気にするようにしたいものですね。